正しいトリートメントの仕方☆

シャンプーをした後は、最大限トリートメントの効果を実感できる方法を紹介します。
 
 
①水気を切る
 
まずシャンプー終了後。
手のひらを合わせて、毛先の水をきります。ショートへアの場合は、オールバックにするように手で髪をなでつければOK。
 
水気が多すぎると、トリートメント剤が流れてしまいます。効果が半減するので、水きりはしっかりと。
 
 
②トリートメントの量はどれくらい?
 
トリートメント剤にもよりますが、ミディアムヘアでさくらんぼ大程度が標準。ロングの場合は多めに、など長さによって調整をします。
 
③髪につける場所
 
トリートメントは、髪の根元からみて、特にダメージの多い中間から毛先につけて下さい。
 
 
※トリートメント剤は、髪の根元にはつけないように。しっかり洗った毛穴が詰まってしまうことと、髪が必要以上にボリュームダウンしてしまうため。
 

 
④手ぐしでなじませる
 
手ぐしをして、トリートメント剤をまんべんなく全体に行き渡らせていきます。
 
クシなどを使ってさらに全体をなじませます。
 

 

プラス効果
毛先を揉み込むように、浸透させて下さい☆
 

 
⑤蒸しタオルで放置する
 
タオルを熱いお湯につけて絞り、蒸しタオルを作って髪を包みます。トリートメントの浸透力がグッと高まります。
 
 
3~5分の放置が目安に。
一定以上おくとあまり意味がありません(^^;;
 
⑥流し
すすぎは余分なヌルヌル感が取れ、髪にしっとり感が残るぐらいの感触になったらOK。流しすぎないよう注意して。
 
 

 
⑦ブロー
タオルできちんと水分を取り、ブローをおこなってください
 
濡れた状態の髪の毛は非常にデリケートになっています
少しの摩擦でもダメージに繋がりますので、ブローできちんと髪の毛を整えましょう。
 
⑧乾かす前には洗い流さないトリートメントを

髪は熱には敏感です。
熱からの保護のため、そして乾燥を防ぐために乾かす前には必ずトリートメントをつけて下さいね🎵



以上になります(*^_^*)
毎日のことで、ちょっとしたやり方で変わると思うので是非参考にして下さいねV(^_^)V

hair-atelier-aoitori's blog

『髪を通して幸せに』 おとぎ話の物語のように幸せを運ぶため、あなたの生活に身近にそっと寄り添いたいと願います。

0コメント

  • 1000 / 1000